かつて消費者金融のローン審査に落ちたことがある人でも…。

融資を行っていても、銀行は「貸金業者」の範疇には入らず、何がどうあれ「銀行」なので、貸金業法の適用業者ではないのです。つまるところ、銀行のキャッシングサービスは総量規制を気に掛ける必要がないということです。消費者金融は申込人のプライバシー保護を大事に考えてくれていますので、お金を借りるに際して実施される働いている場所への在籍確認に関する電話も、消費者金融からだと知られることがないようにしてくれるはずです。一括りにカードローンと申しましても、銀行系のものであるとか消費者金融系のものであるなど、いくつもの商品が用意されているので、後で後悔することがないようにするためにも、信頼できる情報をベースに、きっちり比較を済ませてから申し込む方が賢明です。消費者金融については、一定金額以上の融資を希望する際は収入証明書が必要です。「収入証明書がきっかけとなって誰かに気付かれてしまうのではないか?」と気づかう人も稀ではないようです。カードローンの審査でリサーチされるのは職歴とか所得ですが、昔の借り入れがマイナスポイントとなることも少なくありません。かつて借入していたことは、日本信用情報機構などで確認することができるので、絶対に誤魔化せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です